#61 コートネーム

2018/2/2


皆さん、こんにちは。
トレスバスケットボール担当の本田です。
 
今回は、コートネームについてお話しさせていただきます。
皆さん、自分のコートネームってありますか?
私はずっと、男子にも女子にもコートネームってあるものだと思っていたのですが、男子にはコートネームがないというのを最近知りました。笑
 
女子の場合、学生時代に顧問の先生がつけてくれたり、先輩につけてもらったりする事が多いかと思います。
その人のプレイスタイルや性格を見て考えたり、こういう選手になってほしい!という期待がコートネームに込められていたりなんかもします。
 
私は高校生までコートネームというものがありませんでした。
私の高校ではコートネームというよりあだ名で呼ばれる事が多く、下の名前が2文字で呼びやすい私はそのまま名前で呼ばれていました。
他の学校ではコートネームがあるチームが多かったので、コートネームに憧れていた時期もありました。
 
JXに入って初めて、先輩達に”YUME”という素敵なコートネームをいただきました。
コートネームの由来は、
“観ている人に夢を与えられる選手になるように。”
 
“夢を叶えられるような選手になるように。”
 
という想いが込められていました。
私にとって自分のコートネームが一つの目標でもあり、先輩方が自分に対して想いを込めてくれた大切な名前です!
 
ちなみに吉田の”ICHI″の由来は、
“ここ一番で頑張れる選手になるように。”
 
と、先輩がつけてくれたそうです。
 
1
 
大切なコートネームをバスケのウェアに入れるのってモチベーションアップの一つにもなりますよね。
 

余談ですが、先日TRESバスケ事業部で、コートネームの話になったのですが、KCさんが私たちにつけてくれたコートネームはまぁまぁ、ひどかったです。笑
吉田のいっちゃんは棒からとった”スティック”。
私はヒートテックからとった”テック”。
いや、いやネーミングセンス。笑
 
 
私はコートネームを考える事はできませんが…

マーキング位置やバランス等のご相談はいつでもお受けいたしますので、本田まで、お気軽にお問い合わせください。

 
次回のブログもお楽しみに。


TRES OFFICIAL SNS ACCOUNT


人気記事