#110 色に悩まれている方へ

2018/7/31



皆さん、こんにちは。
TRESバスケットボール担当の吉田です。
 

この仕事を始めてから、多くのお客様とやり取りさせていただき、大変有難いことに数えきれないほどのご注文を頂いております。
その度にいろいろなデザインを拝見し、未熟ながらもご提案やアドバイスをさせて頂きました。
お問合せの中では、サイズ感のご質問を受けることが比較的多かったのですが、フルオーダーで作成される方は色についてのご質問が多いかなという印象を受けております。
 


 

メールでのやり取りで、イメージも画面上しかご確認頂けないので、なかなか出来上がりのイメージが湧かないお客様も多いと思います。
また、生地の違いなどにより、同じカラーであっても、プリントした際の発色具合が異なったりもします。
 


 

そのため少しでも参考になるようにと、ホームページでは「お客様作品集」として、過去に作成頂いた商品のサンプル画像を紹介し、随時更新をさせて頂いております。
商品ごとやカラーごとに検索が可能ですので、色やデザインに悩まれている方は是非参考にされてみてください。
 
 

そしてこれを期に、わたしも少しだけ色に関する学習をしたので、この場で共有させていただきたいと思います。
まず、デザインを作成するにあたって、私自身一番悩むのが色の組み合わせです。
一からデザインを作成する場合、メインに使用するカラーはだいたいチームカラーを使用しますよね??
しかし、その次の柄やラインのカラーに悩まれた経験は皆さんも多いのでは。
 


《デザインに悩むあいちゃんの写真を久しぶりに引っ張ってきました。笑》
 

ユニフォームでは、規定を考慮したり、遠くからでもぼやけて見えない組み合わせにしなければなりません。
そのため、ボディカラーとマーキングカラーでは同系色(黒と紺・ネイビーと黒など)の使用を避ける。
柄とロゴが被る場合は、フチを付けて同化しないようにする。
など、当ショップではシミュレーターのイメージ画だけでは分からない部分もアドバイスさせて頂いております。
 

色には色相環というのがあって、「赤、青、黄色」の3色を原色として、それらを混ぜて出来る「橙、緑、紫」などが二次色と呼ばれています。
 

 

また、色彩理論によると、
①向かい合う2色
②等間隔に三角形を形成する3色
③長方形を形成する4色
これらを使用すると、調和のとれた色の組み合わせになると言われているそうです。
 


 

この組み合わせでは、はっきりとしたコントラストが生まれる上、失敗しにくいため、初心者にはとてもお勧めです!
 

これら以外のちょっと複雑な組み合わせで作りたい!という上級者には、白や黒をポイントで使用することでまとまりのあるデザインになるようです。
 

 
色やデザインについては、単品商品のTRESJAPAN ORIGINALSを見て頂くと分かる通り、KCさんが抜群なセンスを持っています。
それを見ながら、私もあいちゃんも現在●●●(まだ秘密)の女子向けデザインを考案中でございます(^-^)
近々商品化が決まって、皆さんに発表出来ればいいなと思ってますので、無事KCさんからのデザイン許可が下りることを祈っていてください!(笑)
 
 
※ご案内
おかげさまで現在、たくさんのユニフォームやリバーシブルウェアのご注文を頂いております。非常に込み合っておりましてイメージ画像やメールでのご連絡が遅れる場合がございます。ゲームウェア、リバーシブルの使用予定がすでに決まっている場合は、余裕をもってご注文されることをお勧めいたします。なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

YOSHIDA

書いたひと:
よしだあやな

【趣味】映画鑑賞・旅
【得意な業務】独特な世界観の創造
【バスケットを始めたきっかけ】兄の影響

>>書いたblogをみる


TRES BASKETBALL
OFFICIAL SNS ACCOUNT


人気記事