#113 藤沢市立滝の沢中学校 クリニック

2018/8/10



皆さん、こんにちは。

TRESバスケットボール担当の本田です。

 

先日、湘南SUNSの拠点である藤沢市にある藤沢市立横の沢中学校にクリニックに行ってきました!

私自身クリニックが久しぶりだったので、少し緊張していましたが…
中学生の元気と若いパワーをもらい、楽しくバスケすることができました!

 

今回のクリニックはKCさんメニューで、ハンドリングや1on1、リップスルードリルのメニューを中心にやりましたが、ハンドリングや1on1など、基礎の練習って本当に大事だな。と改めて感じました。

 

 

今回のクリニックでは子供たちに、
強くドリブルをつく!
ミスを恐れないでチャレンジする!
ということを特に意識して伝えていたのですが、子供の頃って自分だけができない。自分だけがミスしている。と思うとミスを恐れてしまい、思い切ってチャレンジできる子が少ない気がします。
みんなと一緒に練習していると、ミスしたら恥ずかしいって思ってしまう子もいると思います。

 

でも、みんな最初から出来るわけではないし、上手かったわけじゃないんですよね。

最初はたくさん失敗して、できないからたくさん練習して、それでできるようになっていくんです。

私も最初はボール持って走ったりとか、ドリブルが弱くて相手に取られてしまったりとか、そんなのばっかりでした。笑

 

私は自分ができないことが悔しかったし、もっともっと上手になりたい!という気持ちが強かったので、小学生の時は学校から帰ってきたら、すぐにボールを持ってまた学校に行き、ひたすらバスケットをしていましたね~。

あたしの場合、ただ小さい頃からバスケが大好きだったってだけなんですけどね!笑

 

 

自主練習って自己満足かもしれませんが、やらないとできるようにならないし、やった分だけ必ず自信に繋がると思うんです!

できるようになった時ってすごく嬉しいし、また次のことにチャレンジしよう!って思えると思います。

 

これは年齢関係なくバスケット選手全員に言えることですが、ミスを恐れずどんどんチャレンジする‼︎

という姿勢は本当に大事だと思うし、常にそういう気持ちでバスケットと向き合っていかなくてはいけないな。と思いました!

 

KCさんのメニューは、中学生にとってかなりハードで難しいメニューだったとは思いますが、一人一人がチャレンジしてみよう!という気持ちがとても伝わってきました!

 

 

できなかった子達が、待ち時間に端っこで練習してる姿をみて、とても嬉しい気持ちになりました。

教えることはとても難しいですし、短い時間の中で一人一人に全て伝えることはなかなかできませんが…

何か1つでも子供たちに覚えて帰ってもらえてたならいいな。と思いました。

 

子供も大人も関係なく、とにかくバスケを楽しんでやってほしいです!笑

 

 

今回のクリニックで私自身、とても勉強なりましたし、いい経験となりました!

もっともっと、バスケの輪を繋げていけるように、この先色んなところにクリニックに行き、少しでも多くの子供たちにバスケットを楽しむ!ということを伝えていけたらな。と思いました。

 

私がクリニックで関わった子たちが、TRESのユニフォームを着て試合している姿をいつか見れるといいな~♪

そのためにバスケも仕事も、もっと頑張ります!!

 

※ご案内
おかげさまで現在、たくさんのユニフォームやリバーシブルウェアのご注文を頂いております。非常に込み合っておりましてイメージ画像やメールでのご連絡が遅れる場合がございます。ゲームウェア、リバーシブルの使用予定がすでに決まっている場合は、余裕をもってご注文されることをお勧めいたします。なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

tres-honda

書いたひと:
HONDA

【趣味】 長風呂
【得意な業務】 世間話
【バスケを始めたきっかけ】 隣のお家のお姉さんに誘われて

>>書いたblogをみる


TRES BASKETBALL
OFFICIAL SNS ACCOUNT


人気記事