#102 フランス遠征-後編-

2018/6/29



皆さん、こんにちは。
TRESバスケットボールのKCです。

 

いよいよフランス遠征-後編-となります。

 

 

1勝2敗。満身創痍。確かな手ごたえと興奮を覚えながらもそれを遥かに上回る悔しさで全く寝れず。笑 決勝トーナメントの朝を迎えました。

 

 

出場はありませんが、ここのトップレベルを知りたくて自然と足は会場へ。決勝トーナメントはTシャツではなく、ユニフォームが配布されます。

 

 

お世辞にも高品質とは言えないけど、選ばれた人間しか手に入れられないので、めちゃくちゃかっこよく見えて。

 

ユニフォーム販売を生業にしていても、こういった環境やリスペクトが作り出す雰囲気のあるユニフォームには勝てないなぁと実感しました。

 

昨日と打って変わって雰囲気はシリアスそのもの。フランスリーグのプロやU24の代表選手、海外を転々としているプレイヤーなどの目つきが違う。

 

実は前日の夜にみんなで飲んだんですけど、その時とは全然違いますね。こういったON/OFFとマインドセットが上手な選手が多いと思いました。

 

 

試合自体に夢中になり、あんまり撮影してません。本能的にこれは自分の目で見ておかなければいけないものだって感覚になってしまって。

結局、優勝したのはU24の代表+フランスリーグのプロ選手がいるチーム。トランジションやピックのずれ、数的優位がある際のフィニッシュ力などで決勝の相手チームを凌駕してました。

 

 

 

もちろん、圧倒はされたけど決して手の届かないレベルではないと思いました。

その旨を率直にオーガナイザーに伝えると、

 

”ここで優勝してQUAI54に出場したチームで優勝したチームは1つもない。いつも予選敗退、よくてたまに2回戦進出。”

 

と聞かされ白目。ますますQUAI54への憧れが強くなりましたね。

 

 

そして、帰国当日は行きの反省を踏まえて電車にすることに。そしたら1時間に1本のパリ行きの電車が2連続で欠航になり3時間待機。結局トータル移動で5時間。

最後までいろいろなトラブルに合う旅でした。笑

 

 

 

ここからは価値観のお話になります。あくまで、僕自身の価値観なのでご了承ください。

 

今回、フランスに挑戦する際に沢山のトラブルがあり5人で戦うことになりました。もちろん、事情を聞いた多くの人たちが”無謀だ”と感じたと思います。

僕が聞いてもそう感じると思います。

 

メンツをみても、全員Bリーガーなんてわけでもないし、ひょっとしたら自分たちでも挑戦できるじゃん。なんて感じた方も多いと思います。

事実、ある程度のレベルまで達したプレイヤーであれば通じることも沢山あります。

 

ただし、実際に行動に移せるかどうかは全く違います。

 

オーナーとのコミニケーション、チケットの手配、そして実際に行くと決断すること。

 

 

思うことと行動に移すことは似ているようで全く異なります。その一歩を踏み出せるかどうかで人生は大きく変わります。

 

 

今回、生まれて初めてフランスに行きました。

そこで、フランスの言語を、文化を、バスケットボールを肌で感じることが出来ました。このブログに掲載していることはその中のほんの数%に過ぎません。実際にはもっともっとたくさんの経験と、感覚を植え付けることが出来ました。

 

 

自分の全く知らない、通用しない文化の国でバスケットボールをする。

 

勿論きついし、危ないし、お金もかかります。ただ、その1歩を踏み出した暁には踏み出す前と比べて見える景色が全く違うものになると思います。

もしこのブログをご覧になられてる方で、何か挑戦することを迷ってる人がいたら、少しでも参考になれば幸いです。

 

来年また、リベンジしたいですね!

 

It’s all up 2 u.-全ては自分次第-

 

 

こんな感じでフランス編を締めくくりたいと思います。ありがとうございました。

ちなみに近日中に僕らの挑戦をまとめた動画ができあがる(はず)予定です。完成次第お披露目いたします。

 

さて、そんな今日は金曜日。日本代表戦です。相手は強豪オーストラリアですが何とかサッカーに続いてジャイアントキリングしてほしいですね!

 

 

※ご案内
おかげさまで現在、たくさんのユニフォームやリバーシブルウェアのご注文を頂いております。非常に込み合っておりましてイメージ画像やメールでのご連絡が遅れる場合がございます。ゲームウェア、リバーシブルの使用予定がすでに決まっている場合は、余裕をもってご注文されることをお勧めいたします。なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

KC

書いたひと:
KC

TRES BASKETBALL Director 基本的に体育館かジムに生息。前世は絶対犬だった(大型犬)と自負しているが、本人はがっつり猫派。趣味は海釣りとゲーム。

>>書いたblogをみる


TRES BASKETBALL
OFFICIAL SNS ACCOUNT


人気記事