#138 ウィンターカップ2018

2018/11/20



皆さん、こんにちは。
TRESバスケットボール担当の吉田です。
 
今月18日、第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ2018)の組み合わせが発表されました。
47都道府県の代表チーム、インターハイのファイナリスト2チーム、そして開催地(東京都)より推薦を受けた1チームの男女各50チームが出場となります。
例年と大きく異なるのは試合会場。
毎年東京体育館で行われておりましたが、今年は東京体育館が改修工事中のため、東京都調布にある武蔵野の森総合スポーツプラザが会場となっております。
 

東京体育館に負けないくらいの広さで、とっても綺麗ですよね。

 
ウインターカップはほとんどのチームが高校三年生にとって最後の大会となり、三年間の集大成を発揮する場でもあります。
私自身も高校三年間出場させて頂きましたが、やっぱり三年目のこの大会にかける思いは一番強かったです。
 

 
以前、五十嵐選手が「ウインターカップとは?」というインタビューにお答えしている記事があったので、ご紹介させてください(^^♪
→「ウインターカップに出られたことで、もっとうまい選手がたくさんいることを肌で感じることができました。大学に入ってからも、そういう選手に負けないようプレーしてきました。ウインターカップは、手の届く目標を持つことの重要性を感じられた大会でしたね。大きな夢を持ちつつできる目標を設定してクリアすること。これはバスケに限らず、どの道に進んでも活用できることだと思います。目標を持つことと、それに向かって努力すること、そしてその目標をクリアしていくことの重要性を学ぶことができる場所なのではないでしょうか。」
(News Walkerより)
 

 
高校生の頃の私は「勝ちたい」「もっと活躍したい」というざっくりとした目標というか、野心しかありませんでした。
今になって、このインタビューで述べている五十嵐選手の言葉の重要性を理解し、共感出来ています。
こんな感じで後々になって、なんでもっと早くわからなかったんだろうって後悔することがよくあるんですよね。
でも、失敗も後悔もバスケをしていなかったら経験することなく、何の成長もしていなかったかもしれません。その方が恐ろしいです。
 
 
最後となりますが、マイケルジョーダンの素敵な名言を見つけたので是非ご紹介させてください。
 
「私のキャリアで9000回以上シュートミスをした。約300回試合に負けた。信頼を受けて投げた、絶対に外せないシュートを外したこともある。人生の中で、何度も何度も繰り返しミスをした。だから、私は成功したんだ。」
 

 
運悪い代表の私が救われた言葉です(笑)
幸運は一瞬でも、努力の成果と自信は一生物なんだなーと(^^)
 
実はつい先日、自転車と衝突して大怪我してしまいました。
そのせいでバスケも出来ておりませんが、これも何かの試練だと思って、くじけずに前を向いて頑張ろうと思います。笑
 

 

 

いち早く新作やニュースを知れる予定(笑)のLINE@は登録して頂けましたでしょうか?

キャンペーンや重大発表等、お得情報を配信して参りますので、ぜひご登録お願いいたします!
★LINE@登録はこちらから★

 

 

選手着用の商品などはTRESJAPAN ORIGINALSからご購入可能です。

※ご案内
おかげさまで現在、たくさんのユニフォームやリバーシブルウェアのご注文を頂いております。非常に込み合っておりましてイメージ画像やメールでのご連絡が遅れる場合がございます。ゲームウェア、リバーシブルの使用予定がすでに決まっている場合は、余裕をもってご注文されることをお勧めいたします。なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

YOSHIDA

書いたひと:
よしだあやな

【趣味】映画鑑賞・旅
【得意な業務】独特な世界観の創造
【バスケットを始めたきっかけ】兄の影響

>>書いたblogをみる


TRES BASKETBALL
OFFICIAL SNS ACCOUNT


人気記事