#177 ユニフォーム規定について

2019/5/21



皆さん、こんにちは。
TRESバスケットボール担当の吉田です。
 
今日はあいにくの大雨で、朝の電車も一段と混雑しておりました(・_・;)
進撃のわたしは2両先くらいまでの乗客が見えてしまうので、酸素に困ることはなさそうです。笑
 
最近はよく平日も練習に参加させてもらっていて、いろんなチームでいろんなユニフォームを着る機会が増えました。
その中で、この形面白いな~とか、こんな生地もあるんだな~とかを意識して見てしまうのですが、皆さんが一番気にするところはどこでしょうか(^^)?
 

 
ユニフォームと言ってもゲームウエアとリバーシブルウェアでは生地が全く異なりますし、デザイン・カラー・マーキング位置など、こだわったものを作成するとなると決めなければならないことがたくさんありますよね。
 

 
ですが、そのユニフォームが出場予定の大会で使用できるかを確認して頂くことがとても大切です。
せっかくチームで話し合って作成したのに、試合で使えなかったらショックですよね(・・;)
 
そこで今日は「ユニフォーム規定」についてお話しようと思います。
 
 
まず初めにユニフォームの色彩についてです。
 
・各チームは、淡色と濃色の2種類以上のシャツを用意しておかなければならない。
・淡色のシャツの色は「白色」が望ましい。
・濃色のシャツは白色以外の「濃い色」でなければならない。
・チーム・メンバー全員が同じ色、同じデザインのシャツを着用しなければならない。
という規定がございます。
 
※「グレー(灰色)」、「シルバー(銀色)」は淡色としても濃色としても認められないのでご注意くださいませ。
 
 
次に番号についてですが、シャツの前と背中の見えやすい位置に、シャツの色とはっきりと区別できる単色の番号を付けなければなりません。
また、シャツの色と対照的な色でなければならず、ボディと同色の番号はフチが付いていても公式戦ではご使用になることができません。
 

 
加えて、前も背中もシャツの番号はすべてのマークやロゴ・ラインから5cm以上離さなければならないので、以下のようなデザインも公式戦では使用出来かねております。
 

 
※番号は「0」「00」「1」「2」…「99」までが現行の競技規則で認められています。
よって「05」や3桁の番号は使用できません。
 
 
デザインについては文章での説明が難しいので、こちらをご参照頂ければと思います。
 

 

 
 

私が一番驚いたのは、‟「シャツ」と「パンツ」はかならずしも同じ色でなくてもよい”というのが規定にあることです‼
恐らくこれは知らなかった方多いのではないでしょうか?
 
 
これ以外の細かい規定につきましては、こちらの「ユニフォーム規定」をご覧ください。
尚、今後はソックスやサポーターのカラーをチームで揃える、インナーの形を規制するなどの話も出ているようです。
 
トレスでは改良後の規定にも対応できるよう準備を進めており、デザインも含めてご提案させて頂きますので、お気軽にお問い合わせくださいませ!(^^)!
 
 

 

※ご案内
おかげさまで現在、たくさんのユニフォームやリバーシブルウェアのご注文を頂いております。非常に込み合っておりましてイメージ画像やメールでのご連絡が遅れる場合がございます。ゲームウェア、リバーシブルの使用予定がすでに決まっている場合は、余裕をもってご注文されることをお勧めいたします。なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

YOSHIDA

書いたひと:
よしだあやな

【趣味】映画鑑賞・旅
【得意な業務】独特な世界観の創造
【バスケットを始めたきっかけ】兄の影響

>>書いたblogをみる


TRES BASKETBALL
OFFICIAL SNS ACCOUNT


人気記事